金融派生商品とスワップ取引

金融派生商品はかつては、企業単位で取引されていましたが現在では、個人投資家の購入するような商品の中にも金融派生商品がう組まれるようになってきています。
金融派生商品といっても、その中でもいろいろな商品がすでに販売されています。いろいろある金融派生商品の中の一つに、スワップ取引というものがあります。「スワップ」というのは英語で「交換」という意味があります。このため、何かを交換することで利益を上げていく商品という風に理解をしてもらうといいでしょう。

スワップ取引とは、将来のある決められた期日までの期間において、キャッシュフローの交換することを言います。スワップ取引の中にも、さらにいくつかの種類に分類することができます。
まずは金利スワップと呼ばれる取引です。同じ通貨を使ってキャッシュフローの交換をする取引のことを言います。通常は固定金利と変動金利との間で交換をする取引が主流となっています。

金利スワップの場合には、同じ通貨を使った交換でした。しかし異なる通貨を使って交換取引をするケースもあります。このことを通貨スワップという風に呼びます。
外貨スワップの場合、リスクヘッジのために使っている人が多いです。特に外貨建てで債権や債務を抱えている人がリスクヘッジとして活用をします。

外貨スワップと似たようなものとして、為替スワップというスワップ取引もあります。為替スワップというのは、実際の為替とは逆方向の為替をすることでリスクヘッジをしていこうというスワップ取引のことを言います。
このようにスワップ取引には、いろいろな種類があります。そこでここでは、いくつかのスワップ取引のやり方について紹介していこうと思います。